光回線おすすめランキング2015

光回線おすすめランキング

光回線おすすめランキング

ADSLに代わって現在主流になっている大容量で高速なインターネット回線です。ADSLでは電気信号を電話回線(銅線)に流して通信するのに対し、光回線はパソコンなどの電気信号を光信号に変換し、光ファイバーケーブル(ガラスやプラスチック繊維でできた細い線)に流して通信します。

 

光信号は劣化が少なくノイズの影響も受けにくい為、回線収容局から自宅の距離が離れていても安定した通信速度が得られるのが特徴です。他のブロードバンド回線と比べても段違いに速く100Mbps〜1Gbpsです。最近話題のNURO光では更に倍速の最大下り2Gbps、上り1Gbpsとなっています。YouTubeやニコニコ動画はもちろん、オンラインゲームやデイトレード、サイトの制作でもドンと来いのスイスイ安心の高速回線です。

 

光回線の当初の価格はADSLと比べると割高でしたが、最近では普及に伴い販売スタイルも多様化し、随分お安くお値打ちになってきました。
光回線の種類はNURO光、フレッツ光、au光、光コラボレーションモデルなどいろいろ有りますが、各社お得なキャンペーンをやっているので導入する場合は、それを利用すると良いでしょう。

 

また、光回線では月額500円程度払えば、ひかり電話が利用できます。既存の固定電話を休止してひかり電話に変えれば今まで必要だった固定電話の基本料金(1500円程度)が要らなくなります。

フレッツ光

フレッツ光

提供エリアが広い!王道ならここがおすすめ

フレッツ光はインターネット回線のキャリアであるNTT東日本、NTT西日本が提供する上り下り最大1Gbpsの安定高速の光インターネット回線です。提供エリアは広く、ほとんど全ての地域をカバーしているので日本全国どこにお住まいでも利用する事ができます。

 

プロバイダの選択も自由度が高く、お好きなインターネットサービスプロバイダと組み合わせて利用できます。

 

管理人の中村もNTT西日本の光回線が自分の地域で利用できるベストな選択なのでこれを使っています。→我が家のネット環境
実際使用してみての感想ですが、全部屋でオンラインゲームやスマホ、パソコンなどインターネットが快適に使えていますし、不都合は全く感じていません。

 

つなぎ放題フレッツ光が、さらにお得に!
フレッツ光(Bフレッツ)のお申込・ご契約キャンペーン全国受付中!NTT光の快適光インターネット接続まるごとサポート!ノートパソコンや新型タブレットなど豪華特典プレゼント!や「最大60,000円 キャッシュバック」「学生・引越し応援キャッシュバック10,000円」など満載。

NURO光

NURO光

最速光回線!自宅が戸建で対応エリアならここがおすすめ

NURO光(ニューロ)はインターネットサービスプロバイダであるSo-netが提供する世界最速の光インターネット回線です。世界最速下り最大2Gbps上り1Gbpsで、プロバイダー(So-net)も全てコミコミ完全定額の4,743円で使い放題です。
ソフトバンクのスマホとのセットなら更に最大2年間スマホの月額利用料から毎月2,000円 割引となります。
3人家族なら最大6,000円OFFなのでNURO光の利用料がそこで賄えてしまいます。

 

他社の光回線からの乗り換えキャンペーンもあり、さらに、代理店独自のキャンペーンで最大110,000円割引が全員に適用されるので、申し込みが殺到中のおすすめインターネット回線です。
ご自宅が対応エリアならNURO光が一番おすすめなのですが如何せんNURO光の提供エリアはまだ狭く、現在の提供エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城のみとなっています。

 

また、6階建て以上の集合住宅にお住まいの方は4世帯以上の申込みが無いと回線の引き込み自体できず申込みができません。
かく言う中村も未提供エリアに住んでいるのでNURO光は未だ導入できていませんが提供エリアになったらぜひ使いたい光回線です。

 

インターネット回線の速度はベストエフォート型(最大限の努力はしますが保証はできませんという意味)とは言っても世界最速下り最大2Gbpsは大変魅力的です。2Gbpsというと単純に自宅内回線の大元が他の光回線の2倍速くなるわけですから自宅内の無線LANで、末端の部屋でも最高のパフォーマンスが期待できます。

 

NTTの光回線と比べると大容量のソフトをダウンロードしたり、機器を複数台一度に利用したり、末端の部屋での速度に違いが出ると思います。実際の話、今現在速さを重視するならNURO光以上のおすすめはありません。自宅が提供エリアならとてもラッキーです。

 

国際標準規格であるGPON※1の採用と、NURO 光用に開発されたホームゲートウェイ(ONU)を組み合わせたことで、個人宅向け商用サービスで世界最速下り最大2Gbpsを実現。
ホームゲートウェイ(ONU)には、高速無線LANが標準装備!家の中では最大実行速度450Mbpsの高速無線が使えるのでPCはもちろん、スマホ、タブレット、ゲーム機などのモバイル機器でワイヤレスの高速インターネットが使い放題で楽しめます。

 

東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城の戸建か2階建て以下の集合住宅にお住まいの方は下記よりどうぞ。

auひかり

au光

キャッシュバックと速さのバランスでおすすめ

最大122,700円キャッシュバック実施中!最速インターネット回線「auひかり」

 

最大上り下り1Gbpsの安定した高速回線で動画や音楽コンテンツのファイルのダウンロードや、ストリーミングサービス、ブラウジングクラウドサービスの利用時のアップロードなどもサクサク快適!
ただし、auひかりでは1 日あたり 30 GB 以上のデータを継続的にインターネットに送信する方を対象に、上りデータ通信の最大速度を一定水準に制限する速度制限を行っているのでヘビーユーザーは注意が必要です。

 

30 GBとはどれくらいかというと4.7GBの6枚分、700MBのCD43枚分です。これだけのデータ量を1日でアップロードするという事は映像関係の仕事をしている方やDVDファイル交換ソフト・ファイル共有ソフト(「WinMX」「Winny」など)を使ってる場合でない限り普通では考えられません。オンラインゲームでは1日中やっても3GB位がせいぜいです。オンラインゲーム、ユーチューブ閲覧、サイトを運営など普通に使う分には全く心配いらないでしょう。

 

一戸建ての場合月5,100円(税別)、マンションの場合3,800円(税別)と料金がお得でなんと初月無料!初期費用実質無料!プロバイダは数種類から選べてプロバイダにもよりますがキャッシュバック額を換算すると実質金額はマンションの場合で2,550円、戸建の場合で3,434円となります。
auのスマホとのセットなら更に最大2年間スマホの月額利用料から毎月2,000円 割引となります。
3人家族なら最大6,000円OFFなのでauひかりの利用料がそこで賄えてしまいます。
更に他社から乗り換えサポート還元最大30,000円!

コミュファ光

コミュファ光

「コミュファ光」は元々は電力系の光回線でかつては中部電力がサービスを提供していました。しかし今ではKDDI傘下に入り、同系列の中部テレコミュニケーション株式会社が提供しています。
提供エリアは中部地区(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)に限られます。

 

光回線+プロバイダ込みで月額2550円から始められる格安光ネットです。最大50,000円キャッシュバックも実施中です。
三つの通信速度を選ぶ事ができ、ホーム1ギガプランを選べば最高速度は1GbpsなのでNTTのフレッツ光やauひかりと比べてみても速さ的に遜色ありません。

 

KDDI系列会社が運営している為、auで人気のスマートバリューを適用できるので中部地区にお住まいでauの携帯をお使いの方におすすめです。

 

ピカラ光

ピカラ光

ピカラ光は四国No.1のインターネット回線。提供エリアは愛媛県、香川県、高知県、徳島県に限られます。
安心の定額料金で上り、下りとも1Gbpsの高速、大容量インターネット回線を楽しむ事ができます。
月額500円の光でんわなどオプションも豊富。

 

月額利用料は光回線+プロバイダ込みでマンションの場合3,996〜5,011円(税込)、戸建の場合5,084〜5,616円(税込)。※マンションは契約者数により変わります。

 

今なら初期費用無料、開通月無料、次月からの月額料金のみでインターネットが始められます。さらに最大40,000円のキャッシュバック特典が付きます。
また、auスマートバリュー割引が適用できるのでauのスマートフォンをお使いの方は最大2年間、毎月1,410円割引が受けられます!

MEGA EGG

MEGA EGG

MEGA EGGは中国電力系列のエネコム(株式会社エネルギア・コミュニケーションズ)が提供するインターネット光回線です。提供エリアは中国地方山口県、島根県、鳥取県、広島県、 岡山県)に限られます。

 

二つの通信速度を選ぶ事ができ、ギガ王プランを選べば最高速度は1Gbpsです。
ひかりでんわも月額500円前後のレンタル料を払えば使用可能。

 

月額利用料は光回線+プロバイダ込みでマンションの場合3,300円〜、戸建の場合4,500円〜です。

 

今なら工事費用35,000が無料、事務手数料3,000円と月額料金のみでインターネットが始められます。
さらに最大30,000円のキャッシュバック特典が付きます。

 

光回線の種類

  1. NTT東日本、西日本が自社の所有する光インターネット回線網を使って提供するフレッツ光。

    この場合はプロバイダは組み合わせ自由で好きなプロバイダが選べます。
    申込み方法はNTT東日本、西日本の公式サイト又は代理店から申し込む方法とプロバイダ側から申し込む方法があります。

  2.  

  3. 最近始まったMVNOがNTT西日本、NTT東日本の光回線網を借りて自社サービスを組み合わせて自社ブランドとして再販する光コラボレーションモデル。
  4.  

  5. インターネットサービスプロバイダであるSo-netがNTT東日本の光回線網を使って提供する世界最速のNURO光。
  6.  

  7. KDDIが自社の所有する光インターネット回線網を使って提供するauひかり。
  8.  

  9. 電力会社が提供する光回線。

マンションの光回線と一戸建ての光回線

マンションの光回線も一戸建て住宅向けの光回線も100Mbps〜1Gbps(100Mbpsの10倍)の1回線を、複数戸の住居で共有して使用します。ですからインターネット回線速度は使用中の戸数やへビーユーザーの有無によりその時々で変化します。

 

どちらの場合も1回線を複数戸で共有するのは同じですが一戸建て住宅向けの光回線が本線から自宅まで一貫して光配線なのに対し、マンションの場合は建物内は既存の電話線を流用するVDSL方式の場合が多い為、その場合は一戸建ての光回線と比べると速度低下がみられます。

 

そんな訳で一戸建の光回線と比べるとマンションの光回線は遅くなりがちですがその分費用は安くなりますし、実際、他のインターネット回線と比べると格段に早いのでおすすめです。

 

マンションやアパートなどの集合住宅内での光回線のしくみは次の4パターンです。お住いのマンションがどのタイプになるかはNTT東日本、西日本、KDDIなどの回線業者が調査により決定します。

VDSL方式

VDSL方式は既存の電話用配線を使う為、費用がかからず導入し易い為、一番多いタイプです。
しかし、電話用配線は性質上電子レンジなどのノイズを拾いやすいという欠点があります。電話線を使うという事は本線は光ケーブルが使用されていてもマンション内がADSLと同じという事になり電話用配線を使用している部分で通信速度が落ちてしまいます。

LAN方式


LAN方式はマンション内をインターネット専用の回線で各住居まで接続する方法です。
VDSL方式に比べてノイズによる劣化が少ない為、そこそこ高速です。しかし新しくLANケーブルを建物内に引く場合は導入に費用がかかります。

光配線方式

光配線はマンション内も光ファイバーケーブルで各住居まで接続する方法です。その為、インターネットの速度が一番安定しています。しかし新しく光ファイバーケーブルを建物内に引く場合はやはり導入に費用がかかります。

無線方式

 

無線方式は近くの電柱などから無線でマンション内の各住居を接続します。
他の3つの有線接続の場合よりも利用料は高く通信速度は遅くなります。けれどマンション内に回線分配装置を置くスペースが必要ないというメリットも有ります。

光回線おすすめランキング記事一覧

NURO光の評判とおすすめキャンペーン

最速光回線!自宅が戸建で対応エリアならここがおすすめNURO光(ニューロひかり)はインターネットサービスプロバイダであるSo-netが提供する世界最速の光インターネット回線です。世界最速下り最大2Gbps上り1Gbps。料金はプロバイダー(So-net)も全てコミコミ4,743円で完全定額、使い放題...

≫続きを読む

 

フレッツ光の評判とおすすめキャンペーン

提供エリアが広い!王道ならここがおすすめフレッツ光はインターネット回線のキャリアであるNTT東日本、NTT西日本が提供する上り下り最大1Gbpsの安定高速の光インターネット回線です。提供エリアは広く、ほとんど全ての地域をカバーしているので日本全国どこにお住まいでも利用する事ができます。プロバイダの選...

≫続きを読む

 

インターネットをするには

インターネットをするにはインターネット回線事業者とインターネットサービスプロバイダ(ISP)の両方と契約する必要があります。インターネット回線事業者とプロバイダが同じ事業者の場合やセット販売になっている場合も多いので混同し易いのですが両方必要なんです。インターネット回線事業者とは物理的な回線を提供す...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ