インターネットをするには

インターネットをするには

インターネットをするには

インターネット

インターネットをするにはインターネット回線事業者とインターネットサービスプロバイダ(ISP)の両方と契約する必要があります。インターネット回線事業者とプロバイダが同じ事業者の場合やセット販売になっている場合も多いので混同し易いのですが両方必要なんです。

 

インターネット回線事業者とは物理的な回線を提供する事業者です。
一方、プロバイダは利用者のパソコンやルーターにIPアドレスを割り振りインターネットへの接続を提供する事業者です。

 

インターネット回線が道路や空路、海路のような情報が流れる道でプロバイダはパスポートを発行して出国手続きをする役割と考えると解り易いと思います。

インターネット回線とプロバイダ

 

家だけでインターネットをするなら高速で安定した光回線などの有線接続のインターネット回線、家でも外出先でもインターネットをするならWiMAXやLTEなどの無線接続のインターネット回線がおすすめです。

インターネット回線おすすめランキング

 

家だけでインターネットをするなら

家だけでインターネットをするなら高速で安定した光回線などの有線接続のインターネット回線がおすすめです。
有線接続のインターネット回線を契約した場合は家の中までは光回線、ケーブル回線、電話線などの有線でつながります。
電波状況に左右される事が無いので無線のインターネット回線と比べると安定して高速のインターネットをする事ができます。
速度を重視するなら、家の中でも無線よりは無線LANルーターやルーター機能が有るONU(一体型)にパソコンを直接LANケーブルでつないだ方が速度が安定します。

有線の回線でインターネットをするには

インターネット回線を契約して業者が取り付けしてくれるのは回線終端装置(ONU)やCATVモデムやADSLモデムまでになります。
これに自分で購入した無線LANルーターをLANケーブルで接続し設定する事で無線LAN内臓パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などの情報端末をWi-Fi(ワイファイ)で接続し家中どこでもワイヤレスで楽しむ事ができます。

 

無線LANルーターから遠くて電波の届きにくい部屋へは無線LAN中継器を使えば届くようになり、快適にインターネットする事ができます。

 

ルーター機能が有るONU(一体型)の場合は無線LANカードをさす事でWi-Fi(ワイファイ)が使えます。無線LANカードは月額100円程度で利用する時はオプションで申込みします。ONU(一体型)と無線LANカードまで回線業者が貸出し取り付けしてくれます。

 

無線LAN内臓パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi(ワイファイ)設定や、LANケーブルでパソコンを直接つなぎ設定するのは付属のCD−ROMや説明書に従って自分で行います。迷ったらサポートに電話すれば解り易く教えてもらえますし必要に応じて有料サポートも受けられます。

 

外出先でインターネットをするには

外出先でインターネットをするにはをWiMAXや3G、4G、LTEなどの無線接続のインターネット回線を契約する必要があります。ほとんどの場合インターネットサービスプロバイダ(ISP)もセットになってブランド化されていますので別々に契約する必要はありません。WiMAXや3G、4G、LTEなどの無線のインターネット回線の場合は引き込み工事の必要が無く、専用のモバイルルーターさえ届けばすぐにインターネットをする事ができます。

 

専用のモバイルルーターをカバンに入れておけば外出先でも移動中でも電波の届くところならどこでもインターネットができるので大変便利です。

無線の回線でインターネットをするには

 

インターネット回線おすすめランキング

ホーム RSS購読 サイトマップ